Function 4 デジタル化

人が人にしか出来ない業務に専念出来る

効率性

人口減に直面している日本が競争力を発揮するためには、デジタル化を進め、人は人にしか出来ないことに専念する必要があります。以下のような効率化を進め、世界に打って出るためのマンパワーを捻出します。

  • マーケティング、営業活動の効率化(SFA/CRM機能)

  • データ入力作業の減少

  • 業務の作業効率と正確性のアップ

  • ヒューマンエラーの減少

  • ペーパーレス化

  • 業務プロセスの抜け漏れ防止

  • 業務の標準化

  • 業務の引継ぎの簡便化

  • データ蓄積と分析の効率化

透明性

デジタル化によりアナログでは難しかった以下のような可視化を行うことが出来ます。

  • 出荷ごとのエンドユーザーと用途管理の厳格化

  • 対外取引状況の可視化

  • 社内業務進捗の可視化

  • 海外向け価格と物流コストの可視化

  • 商品の出荷ステータスの可視化

  • 取引先候補の実態や信用度の可視化

コスト減

  • メーカーがBuyChemJapanマーケットプレイスを利用することで、マーケティング、営業、ロジスティクスなどの業務効率が上がり自社の人件費やシステム開発費などを削減することが出来ます。 

  • BuyChemJapan社内で従来発生していた営業パーソンの作業が減り、また業務効率が上がるため、人件費が抑えられます。同時にスケールメリットも期待できるため、それらを原資に、取引仲介料率を下げていきます。サービス開始当初は、マッチングシステム、ビジネスコミュニケーションツール、SFA/CRMツール等使用料及び物流及び決済代行料として販売価格の5%と設定します。 

  • 今後は収益源の多角化を進め、段階的にプラットフォーム利用料を可能な限り下げて日本メーカーの国際貿易のコストを下げることで、日本の化学品輸出の競争力の向上に貢献します。