なぜBCJが生まれたのか

■「日本と世界の相互理解を深め距離を縮める」
これは私たちがミッションとして掲げる内容です。
そのきっかけはCEOである私、大口の大学時代とその後に就職した化学品商社での経験です。

大学時代にオーストラリア人の友人から「日本は世界一閉鎖的な国」と言われたのですが、化学品商社に入ってから「閉鎖的な慣習」が根深く存在することを実感しました。
その悪しき慣習は現在も続き、次のような課題となり表面化しています。

[化学品業界の課題]

  • 慎重、保守的な文化を良しとする

  • 専門性が高く新規参入者が少ないために変化が起きにくい

  • 属人的アナログ取引が主流で非効率、再現性が低い

同業界の皆さんも、このように感じていないでしょうか。

これらの問題を解決するために、商社である私たち自らがBCJプラットフォームを立ち上げる必要があったのです。


■日本と世界の直接コミュニケーションを増やす
前述の課題を解決するには、まずは業界の「非効率な当たり前」を変える必要があります。

 

[現在の商社取引の図]
・商社、バイヤ、メーカの三者の関係

[BCJプラットフォームでの新しい取引の流れの図]
・プラットフォーム上の三者関係

これまでにない商流ですが、メーカーとバイヤーが直接コミュニケーションすることで多くのメリットが期待できます。

[メリット]

  • バイヤーの問題解決のスピードと質が高まる

  • メーカーがバイヤーニーズに直接触れることでマーケティング/開発戦略に生かせる

  • 複数の取引プロセスの一元管理、ノウハウ共有の場となり効率的

■私たちの想いとメーカーとユーザーのニーズを同時に満たすビジネスモデル構築
まだサービスサイトは制作中ですが、BCJプラットフォーム立ち上げ準備は着々と進んでいます。
下記ページで、より詳しいプラットフォームの機能をご覧いただけます。
三者がメリットを享受できるプラットフォームとなるには、ご賛同いただけるメーカー様の存在が不可欠です。
「業界をより良いものにしたい」「もっと詳しい説明を聞きたい」、そう思われたならぜひフォームよりご連絡ください。

まだ私たちのミッションビジョンをご覧になってない方は、こちらからご確認ください。